第38回全国空手道選手権大会[実施要項]

1.名 称:NPO法人 國際松濤館空手道連盟 第38回全国空手道選手権大会

2.主 催:NPO法人 國際松濤館空手道連盟

3.後 援:文部科学省(予定) 一般財団法人滝井記念財団(予定)

4.主 管:NPO法人 國際松濤館空手道連盟 東京理科大学

5.期 日:平成30年8月11日(土)・12日(日)

6.会 場:大田区総合体育館

〒144-0031 東京都大田区東蒲田1丁目11番1号

 

7.種 目:構成は別紙の「試合規定」通りとする。

 

8.締 切:平成30年6月30日(土)必着厳守

*申込は可能な限り規定様式のエクセルにて作成し、大会用Eメール宛にてご送付下さい。

(氏名・支部等の誤字他、種目エントリー等の作成ミスを無くす為。)

(申込の際に出場する選手の男女及び年齢を必ず記入して下さい。)

全国大会用Eメール:skif-zenkokutaikai@skif.jp

 

9.申込先:NPO法人 國際松濤館空手道連盟 大会実行委員会 宛

*別紙送金方法を参照

 

10.表 彰:各種目3位までメダル、優勝にはトロフィーを授与。

支部総合:総合第一位、総合第二位、総合第三位まで盾を授与。

団体、約束組手、無差別級 優勝5点 準優勝3点 三位1点

個人 優勝3点 準優勝2点 三位1点

加点 審判員の協力 1名1点 2名以上2点

 

11.費 用:①支部広告費 10,000円(全支部、不参加支部も含む)

②参加費 個人1種目・・・・一律 3,000円

(申込明細書には個人延べ人数を記入して下さい。)

団体1チーム・・・一律 6,000円

約束組手1チーム・一律 4,000円

*選手登録をしてから当日欠席しても参加費は返却出来ません。

③弁 当 1個:900円(別紙申込明細書に日付別に申し込む。)

④駐車場 大型バス駐車場(8台) 1日3,000円

バスの駐車を希望する支部は明細書に必ず台数を記入して下さい。

普通車は地下有料駐車場があります。

 

12.審判員:NPO法人 國際松濤館空手道連盟 公認技術審判員

*資格登録、更新をしている者に限る。

*監査員、審判員の服装は半袖白Yシャツ、グレー系ズボン、

SKIF指定審判用ネクタイを着用。(当日、飛翔より販売致します。)

 

13.監督(1名)・コーチ(若干名)ついて

  1. a) 監督・コーチ資格は年二回の審判講習会の内一回は参加していなければならない。
  2. b) 監督・コーチは腕章及びIDカードを着けた者以外は会場内に立ち入る事は出来ない。
  3. c) 監督・コーチは各支部において腕章を用意し、支部名も明記して作成する事。
  4. d) 会場内での出場選手を含む服装は上下空手衣のみ。

 

14.日 程:平成30年8月10日(金)・11日(土)・12日(日)

8月10日(金)  大会前日(別紙参照)

総本部道場 10:00~12:00 昇段審査

14:00~15:00 理事会及び評議員会

15:30~17:00 全国支部長及び審判員・監督会議

 

*審査・会議は総本部道場内にて行います。

*プログラムのトーナメント等の確認を行います。支部長又は監督は必ず会議に出席して下さい。(出席出来ない場合は必ず代理を出席させて下さい。)

*大会当日は、主催者側のミス以外は一切受付いたしませんのでご注意下さい。

 

 8月11日(土) 第1日目(大田区総合体育館)

8:00  係員、役員及び関係者集合

8:30  正面入口開門

9:45  開始式

10:00  試合開始

12:50  開会式(式典も含む)

18:00  試合(予選)終了

 

8月12日(日) 第2日目

8:00  役員、係員集合

9:00  試合開始

13:00  小・中・高校生表彰式

16:50~ 閉会式

 

15.その他:①保   険 負傷した際には主催者が応急処置をします。

また、障害保険にも加入していますが、各支部におかれ

ましても別途、保険加入する事をお勧めします。

 

 プラカード 出場する支部は、当日忘れないようにご注意下さい。

尚、製作していない支部、又は変更する支部は、申込明細書に

必要事項を記入し申込んで下さい。

製作代 16,200円(1支部名 消費税を含む)

申込明細書にハッキリと大きく支部名をお書き下さい。

*会場(アリーナ)内での服装を徹底して下さい。

 

*他に何かご不明ご質問等ございましたら、総本部・大会実行委員会までご連絡下さい。

大会実行委員会

電話番号:03‐3754‐5481 / FAX 03‐3754‐5483

全国大会用Eメール:skif-zenkokutaikai@skif.jp

 

ご宿泊案内は「株式会社セラヴィ東京」をご紹介致します。

直接担当者の畑山和沙様へご連絡下さい。

連絡先 03‐6264‐3227 / FAX 03‐6264‐3228

 

「試合規定について」

NPO法人國際松濤館空手道連盟の審判規定、試合規定及び細則により行います。

 

個人「型」競技ルール

マスターズ男子 第一部

(40歳~49歳)

予選:抜塞大・慈恩(主審の指定による紅白戦)

決勝:得意型・得点制

(*注意 平安初段~五段・鉄騎初段・予選型を除く)

*各部の出場人数が15名以下の場合は、6名の決勝残しとする。

*マスターズの部に出場する選手は、一般の部へ重複出場は出来ない。

*第四部、女子の部は型の部のみ

マスターズ男子 第二部

(50歳~59歳)

マスターズ男子 第三部

(60歳~69歳)

マスターズ男子 第四部

(70歳以上)

マスターズ女子 第一部

(40歳~49歳)

マスターズ女子 第二部

(50歳以上)

一般男子有段 予選:観空大・慈恩・抜塞大・燕飛(主審の指定による紅白戦)

決勝:得意型・得点制(*注意 指定型以外)

*指定選手について

前年度の一般有段型試合(男女)3位迄の選手を指定選手とする。

一般女子有段
一般男子有級 予選:平安初段~三段(主審の指定による紅白戦)

決勝:平安初段~五段・鉄騎初段・抜塞大・観空大

慈恩・燕飛・十手(得点制)

一般女子有級
高校生男子 予選:平安初段~五段・鉄騎初段(主審の指定による紅白戦)

決勝:得意型・得点制(*注意 指定型以外)

中学生男子 予選:平安初段~五段・鉄騎初段(主審の指定による紅白戦)

決勝:平安初段~五段・鉄騎初段・抜塞大・観空大

慈恩・燕飛・十手・岩鶴・抜塞小・観空小(得点制)

中学生女子
小学生型(各学年別) 予選:平安初段~三段(主審の指定による紅白戦)

決勝:平安初段~五段・鉄騎初段・抜塞大・観空大・慈恩・燕飛(得点制)

小学1、2年生 予選:平安初段又は平安二段(主審の指定による紅白戦)

決勝:平安初段~五段・鉄騎初段(得点制)

小学生7級以下 予選:平安初段(紅白戦)

決勝:平安初段又は平安二段(得点制)

 

*マスターズ男子 一部(40歳~49歳)、二部(50歳~59歳)、三部(60歳~69歳)

四部(70歳以上)、女子 一部(40歳~49歳)、二部(50歳以上)とする。

*注意*

各部の得点制における順位決定が同点の場合は型を変えて演武する。(同一型は出来ない。)

(7級以下の部はこれに当てはまらない。同一型可)

 

指定型

小・中・高校生、一般有級 平安初段~平安五段・鉄騎初段(範囲は各部により異なる)
一般有段 抜塞大・慈恩・燕飛・観空大
マスターズ 抜塞大・慈恩

 

個人「組手」競技ルール

マスターズ男子 第一部

(40歳~49歳)

1本勝負 (拳サポーター、メンホーを着用)

*勝負時間:正味2分

マスターズ男子 第二部

(50歳~59歳)

マスターズ男子 第三部

(60歳~69歳)

一般男子有段

-70kg(未満)

*一本半勝負(拳サポーター、マウスピース着用)

 

指定選手について

前年度の各階級2位迄の選手を指定選手とする。

一般男子有段

+70kg(以上)

一般男子有段 無差別級

(各階級・ベスト4以上)

一本半勝負(安全具なし、マウスピース着用)

決勝:3本勝負(正味5分)

一般女子有段

(高校生女子も含む)

一本半勝負(拳サポーター、マウスピース着用)

*メンホー無し

前年度の2位迄の選手を指定選手とする。

一般男子有級 一本半勝負

(男女共に拳サポーター・メンホー、ボディプロテクター着用)

一般女子有級

(高校生女子も含む)

高校生男子 一本半勝負(拳サポーター・ボディプロテクター着用)

*メンホー無し

中学2・3年生男子(新) 一本半勝負(拳サポーター、メンホー、ボディープロテクターを着用)

 

注意 参加登録が5名以下の場合は上下のクラスと併合する。

中学1年生男子(新)
中学2・3年生女子(新)
中学1年生女子(新)
小学4~6年生男子 一本半勝負(拳サポーター、メンホー、ボディープロテクターを着用)

*各4・5・6年生の各学年別。

小学4~6年生女子
小学1~3年生 一本半勝負(拳サポーター、メンホー、ボディープロテクターを着用)

*各学年別に分かれ、男女混合。

 

*各部において如何なる理由で失格になった場合はその後の全ての試合に出場する事が出来ない。

*反則勝者には左腕に黒テープを貼り、反則負者には左腕に赤テープ貼る。外れた場合には速やかに

各コートにおいて貼り直す。(故意に外して出場してはならない。)

*中学生組手の部は2・3年生、1年生の男女別とする。

但し、参加登録が5名以下の場合は上下のクラスと併合する。

*SKIF総本部オリジナル「飛翔ラベル」の白い拳サポーターのみ。(別紙注文書に記載されている物)

(赤青拳サポーター、他の白い拳サポーターは使用不可)

 

勝負時間 マスターズ・一般・高校生:正味2分

小学生・中学生:一本半勝負、正味1分半

(正味:審判の「始め」の発声毎にスタート、「止め」の発声毎にストップ)

指定選手について(一般有段男子・女子の部 型及び組手)

型及び組手の指定選手は出場費を免除し、顔写真(縦4cm×横3cm)1枚を申込書に添える。

 

団体「型」競技ルール

一 般 予選・決勝共に得意型(平安初段~五段・鉄騎初段を除く)・得点制

チーム編成:男女混合可(高校生以上)

中学生 予選・決勝共に得意型(中学生個人型決勝と同じ範囲)・得点制

チーム編成:男女混合可(中学生のみ)

小学生 予選・決勝共に得意型(小学生個人型決勝と同じ範囲)・得点制

チーム編成:男女混合可(小学生のみ)

* 各部共に男女混合を認める。

* 3名1チーム、補欠は1名とする。補欠も含め他チームと重複して登録してはならない。

* 各部の順位決定が同点の場合は型を変えて演武する。(同一型は出来ない。)

 

団体「組手」競技ルール

一 般 一本勝負(拳サポーター、メンホーを着用)

チーム編成:男子のみ

高校生 一本勝負(拳サポーター、メンホー、ボディープロテクターを着用)

チーム編成:男子のみ

中学生
小学生 一本勝負(拳サポーター、メンホー、ボディープロテクターを着用)

チーム編成:男女混合可(但し、男女共に小学4年生以上に限る)

*一般・高校生・中学生は男子のみ

小学生:男女混合可(但し、男女共に小学4年生以上に限る)

*3名1チーム、補欠1名とする。

(補欠も含め他チームと重複した場合や、登録以外の者が出場してはならない。)

*約束組手以外の各団体組手の部において6チーム以上参加で試合が成立するものとする。

*1回戦のみ1チーム3名に満たないで出場してはならない。

 

勝負時間

一般・高校生 :正味2分

小学生・中学生:正味1分半

*正味:審判の「始め」の発声毎にスタート、「止め」の発声毎にストップ

*メンホーを着用しない各部はマウスピースを着用。(着用せず出場してはならない。)

*拳サポーターはSKIF総本部オリジナル「飛翔」製のみ(白色)

(赤、青色の拳サポーター、また他のメーカーのものは使用不可)

 

大会種目・運営に関する注意事項

 

1.個人型・団体型ともに15名(チーム)以下の場合は、6名(チーム)の決勝残しとする。

(個人型・11名以下の場合は決勝のみ)(5名以下の場合は上下のクラスと併合する)

但し、参加登録が3名以下の場合は中止とする。

 

2.高校生団体組手は5チーム以下の参加登録の場合、一般団体組手に組み入れる。

(高校生を含む3名の団体の場合は一般団体組手の部で競技する。)

 

3.小学5年生までの各個人戦競技8名以下の参加登録の場合、一つ上下のクラスと併合する。

 

4.一般無差別級個人組手の組み合わせは、当日参加選手のみでトーナメントを作成する。

(各階級優勝者はシードで、他の選手は体重別クラスに拘わらずトーナメントに組み入れる。)

 

5.マスターズ男子の部の標記を第一部(40歳~49歳)、第二部(50歳~59歳)、

第三部(60歳~69歳)第四部(70歳以上)

女子第一部(40歳~49歳)第二部(50歳以上)とする。

 

6.マスターズ女子の部は型のみ、組手に出場する場合は型、組手共に一般の部へエントリーする。

 

7.中学生男女組手の部共に2・3年生、1年生の部に分ける。

但し、参加登録が5名以下の場合は上下のクラスと併合する

 

約束組手 競技ルール

小学生 予選

三本組手(紅白戦)

行き(No1)

攻撃技:①上段追突・②中段追突・③前蹴の順で左下段払から攻撃をする

受け技:①上段揚受・②中段外受・③下段払の順で受け、逆突で極める

帰り(No2)

攻撃技:①上段追突・②中段追突・③前蹴の順で左下段払から攻撃をする

受け技:①上段揚受・②中段内受・③逆下段払の順で受け、左上段刻突、右中段逆突で極める

 

準決勝・決勝戦

基本一本組手(紅白戦)

攻撃側:上段追突・中段追突・前蹴・横蹴・廻蹴の順で左下段払(前蹴・横蹴・廻蹴は諸手下段払)から各一本ずつ攻撃する。

受け技:攻撃側の攻撃を組手全集の中から各自で選択し受ける。

*上記の動作が終わったら攻守を交替し、受け技は最初の受け側とは違う技にする。

一 般 予選

基本一本組手(紅白戦)

攻撃技:上段追突・中段追突・前蹴・横蹴・廻蹴の順で左下段払(前蹴・横蹴・廻蹴は諸手下段払)から各一本ずつ攻撃する。

受け技:攻撃側の攻撃を組手全集の中から各自で選択し受ける。

*上記の動作が終わったら攻守を交替する。但し、最初の受け側とは違う技にする。

 

準決勝・決勝

自由一本組手(紅白戦)

攻撃側:上段追突・中段追突・前蹴・横蹴・廻蹴・後蹴・上段刻突・中段逆突の順で

左構えから各一本ずつ攻撃する。

受け側:攻撃側の攻撃を組手全集の中から各自で選択し受ける。

*上記の動作が終わったら攻守を交替する。但し、最初の受け側とは違う技にする。

 

*一般(男女)個人組手の部(有級・有段)にエントリーをしていない選手に限り出場出来る。

*各約束組手の部は男女混合を認める。

*2名1チームとし、他チームと重複して登録してはならない。補欠は1名まで認める。

*各約束組手の部の勝敗が引分けの場合は右構えから行う。(左構えと同じ技でも構いません。)

*動き方及び受け方は組手全集をご参照下さい。解らない場合は本部までご質問下さい。

 

*約束組手の重要性*

約束組手(ナンバーシステム)は当連盟技術体系の重要且つ特徴的なものであり、自由組手、競技組手にもつながる正しい姿勢、呼吸のもとに「残心」「作法」「読み」等の体得を目的としています。

総本部技術局としましても特に力を入れている種目ですので出来るだけ多くの方々の参加を希望致します。

 

 

「注 意 事 項」

*個人「型」競技の注意*

1)小学生各学年別には6級(緑帯)以上がエントリーする。

2)高校生女子は一般女子の部にエントリーする。

3) コートへの入り方(全体正面に礼、お互いに礼をした後の入場の仕方)

①紅白の選手が名前を呼ばれたらお互いに歩み寄る。

②歩み寄ったらお互いに礼をする。

③お互いに礼をしたらコートに向かって礼をする。

④そのままコートの開始線まで入場する。

*(財)全空連系の入り方とは違いますので注意して下さい。

4)型を始める際の開始線から足の開き方の流れ

*個人、団体にかかわらず下記の流れをする。

  1. 開始線に立ち、結び立ちから礼をする。 踵を付け、つま先を開く
  2. 自然体(用意の姿勢)に構える。    右足を開く(全ての型において同じ)
  3. 主審(正面)に対し演武する型名を告げ開始する。   自然体から左足を引き寄せて始まる型:燕飛・慈恩・慈蔭・十手
  4.    自然体から始まる型        :上記型以外
  5. 自然体から右足を引き寄せて始まる型:鉄騎初段・抜塞大・抜塞小・珍手・雲手
  6. 演武終了。
  7. 最初に引き寄せた足を開き自然体(右足を開く)に構える。
  8. 開始線に立ち、自然体から、結び立ち(右足を引き寄せる)に構え礼をする。     〃  高校生以上        審判員5名~7名*一般男子有段の部無差別級はマウスピースのみ、男子各階級別の部及び有段女子、高校生男子の部は拳サポーター、マウスピースを着用する。その他の各種目は拳サポーター、メンホーを着用し、一般有級の部以下はボディープロテクターも着用する。*ピアス・ヘアピン・カチューシャ・ネックレス・ブレスレット・指輪・眼鏡・ハードコンタクト・    女性の過度の化粧は認めない。(*服装違反の場合、正す為に1分間の猶予を与えられる)*約束組手以外の各団体組手の部において6チーム以上参加で試合が成立するのもとする。
  9. *団体「型」「組手」競技の注意*
  10. *安全具は各自用意する(セーフティカップの着用は各自自由とする。) スネ当て等の使用は不可
  11. *個人「組手」競技の注意*
  12. 5)得点制 決勝 小・中学生・一般有級の部 審判員5名

*約束組手以外の各部は3名1チームとし、1チーム2名まで補欠を認める。

*約束組手は1チーム2名とし補欠は1名まで認める。

*団体試合の型は一般(高校生も含む)・中学生・小学生の部とする。

*団体試合の組手は一般・高校生・中学生は男子のみ

注意 小学生は男女混合可(但し、男女共に小学4年生以上に限る)

a)1本勝負とし、その際には必ず拳サポーター及びメンホーを着用する。

  1. b) 高校生以下は拳サポーター、メンホー・ボディープロテクターも着用する。

c)1回戦は1チーム3名に満たないで出場してはならない。(欠員は認めない)

d)1回戦及び2回戦は3名共勝負し、それ以降は2勝した時点で終了とする。

  1. e) 登録者以外の者が出場してはならない。

*会場内での服装について(出場選手及び監督・コーチ)

会場(アリーナ)内での服装は上下空手衣のみ。Tシャツ等では入場不可。

 

「お 願 い」

*選手登録について

  1. a) 選手は今年度の会員更新、登録をしておくこと。

(会員の手続きをしないで出場してはならない。)

  1. b) 一般有段の部に出場する選手は取得段位番号も記入する。

(本連盟の段位登録がない者については、出場不可)

  1. c) 大会参加費は大会1週間前までに完納すること。

*締め切りについて

  1. a) 6月30日(土)厳守
  2. b) 締切日以降、無理な出場追加を要求する支部があります。全ての構成をやり直すなど大会準備に  支障をきたしますので、締切日厳守、また変更・追加がないようにして申し込みください。
  3. c) 締切から変更、追加等をした場合1件(1人、1チーム)に付きプラス1,000円を徴収致します。
  4. d) 7月7日(土)以降は如何なる理由においても変更等の受付は出来ませんのでご注意下さい。

*役員、係員について

  1. a) 大会当日、役員・係員以外は座席確保のために開門時間前の入場を禁止します。
  2. b) 選手並びに応援の方々は正面入口から開門時間を守り入場する様ご指示下さい。

*胸ワッペン・毛筆胸刺繍(國際松濤館)について

当連盟指定の胸ワッペン又は毛筆胸刺繍(黒字)のどちらかを必ず左胸に縫い付けること。

(ピンやテーピングで留めて入場してはならない。)

*拳サポーターについて

*SKIF総本部オリジナル「飛翔ラベル」の白い拳サポーターのみ。(別紙注文書に記載されている物)

(赤青拳サポーター、他の白い拳サポーターは使用不可)

*その他

  1. a) 応援幕、旗等は紐等で縛り付け、布(ガム)やテープ等では貼り付けないこと。
  2. b) 申込書には名前をはっきりとお書き下さい。毎年、折角プログラムに記載してもプログラムでの

人名の誤字があり、間違い易い字は特にハッキリとお書き下さい。

(申込書を拡大し、記入しても構いません。)

  1. c) 申込書が足りない場合はコピーして下さい。
  2. d) 申込後の変更は文章で郵送、FAX又はE-mailでお願いします。

「送金方法」

 

みずほ銀行 久が原支店 普通2087319

SKIF大会実行委員会 代表 金澤弘和

 

郵便振替 00180-6-405538 國際松濤館空手道連盟

(通信欄に明細をお書き添え下さい。)

 

現金書留 〒146-0084

東京都大田区南久が原2-1-20

NPO法人國際松濤館空手道連盟 大会実行委員会 宛

  

*参加費等は送金や受取に行き違いが生じますので大会一週間前までに完納させて下さい。

 

*注意*

*明細書・申込書は必ず総本部までE-mail及びFAX又はご郵送下さい。

*Excelにてトーナメントを作成しますので、出来るだけE-mailにて申し込みをお願い致します。

希望支部は下記へ支部名とメール希望と書き添えて送付して下さい。そのまま添付して返信させて頂きます。

 

*申込は可能な限り規定様式のエクセルにて作成し、大会Eメール宛にてご送付下さい。

(氏名・支部等の誤字他、種目エントリー等の作成ミスを無くす為。)

 

*申込書等は1名しか参加しなくても各申込毎に分けずにセットになっているまま返信して下さい。

*一般的な書式を使用していますので、書式を変えず枠内に収まる様にお願いします。

*ソフトはWord(実施要項)、Excel(申込書、明細書)を使用しています。

他のソフトでは開けても書式が変わってしまい、エントリー間違いなども考えられますので、その際には郵送、又はFAX下さいますようお願いします。

E-mail skif-zenkokutaikai@skif.jp

*メールでの申込の場合は二重エントリーになりやすいので郵送及びFAXはしないで下さい。

*その他 ご不明ご質問等ございましたら、総本部までご連絡下さい。